日本の棚田百選にも選ばれている、福井県高浜町にある『日引きの棚田』で日の出を撮影してきました。

撮影に行ったのは5月25日(土)です。

通常毎週金曜日は23時ぐらいまで定例の打合せが入っていまして、撮影には少し仮眠するぐらいで出発になるかなぁと思っていたんですが、この週は金曜日の予定がキャンセルになり、少し気持ちにも余裕を持って出発できそうな感じでした。

当日の日の出の予定は4時47分。
手際が良ければ現着してすぐに撮影ができる感じですが、写真だけではなくて最近しているVLOGもとなるとまだまだ事前に準備に余裕が必要なので、少し早めの3時30分ぐらいに到着する予定にしていました。
事前にスマホのナビアプリで調べた時には2時前とかに出発すれば良いという感じだったんですが、金曜の夜再度調べてみると1時20分ぐらいに出発しろとの情報でした。

おかしいな・・・と思いながら、まぁ高頻度でいけるロケーションでもないですし、早い分には向こうで余裕ができるだけだから問題ないかと思いながら、少し仮眠しようと横になりましたが、なんだか色々不安になりあまり眠れず結局0時30分ぐらいには出発できる状態になっていました。

 

で、1時過ぎには出発することにして、車のナビで目的地を設定すると、元どおりの1時間30分ぐらいの予想に・・・。

もうよくわからないなぁと思いながら途中でゆっくり休憩しながら向かおうとそのまま出発しました。

 

で、有料道路に乗ろうと思った時このズレに理由がわかりました。
なんと途中から有料道路が夜間通行止めだったんです。

事前にスマホのアプリで調べた時にはこの情報が反映してなかったけども、金曜の夜再度調べた時には当然反映していて出発時刻が早く調整されていた。
で、車のナビは出発時にはまだその情報が反映されてなかったので事前の情報に近かったという事みたいです。

その車のナビも有料道路に乗る際には情報が更新され、スマホのナビとほぼ同じになりました。

早めに出てよかったぁ、って感じです。

 

途中2度ほど休憩をとり、現地に着いたのは予定の3時30分ぐらい、周りには僕の他に一組先約がいらっしゃったぐらいです。
まだ、肉眼では田んぼに水があるかどうかがわからない暗さで、一旦状況を見るために写真を撮りした。

これで田んぼに水がある事が確認できたので、撮影の準備を慌てて始めました。

当初の予定通りの時間についているんですが、道中のバタバタでなんとなく気分に余裕がなくなり焦ります。

 

で、VLOGの冒頭部分を取ろうと思った時に、不意にレコーダーが気になりチェックをするとさっき電源を入れていたはずなのに切れています。
よく見ると電池の蓋が不十分だったようです。
不幸中の幸いで撮影がボツにならずに済みましたし、そのことで少し落ち着けました。

 

外は真っ暗ですし、ライトなんかを点けると迷惑なので、冒頭の撮影は車の中で車内灯の明かりだけで撮りました。

で、タイムラプス用に車の窓ガラスにアクションカムを設置し、機材を外に設置する頃には目が慣れてきたのか少し明るくなってきたのか肉眼でなんとなく状況が分かる感じになっていました。

そこからはVLOGを見ていただいた方が雰囲気もわかってもらえるかなと思いますがのんびり撮影です。

ここへきたのは2年ぶりの2回目。
時期も同じくこの辺り、というのも棚田に水が入り稲が稲が伸びる前というのが自分の条件です。

前はたまたまその直前に知人がこの近くを通ったということ聞いて、田んぼの状況を教えてもらい、水があることを知ったので、安心して出かけられました。

その時期京都市内ではまだほとんどの田んぼに水はありません。

 

ということで、今回も同じ時期で天気予報や雲の予報などを確認してこの日にしました。

結果的に当たりだったので良かったです。

動画にも少し入れていますが、隣で撮影されていた方に声をかけていただきました。
地元の方という事で、色々お話しさせていただくと、田んぼは5月の連休ぐらいから水を入れ出し、15日ぐらいに田植えをされるという事を教えてもらいました。

 

2年前もそうですが、今回も良いタイミングだったという事ですね。

天気は雲ひとつ無く良すぎるぐらい良くて、日の出は綺麗に撮れました。

前回は撮影をしてすぐに帰ったのですが、今回は港まで降りてみようと動画を撮影しながら少し歩いてみました。

 

5月はまだ春だというのに夏日が聞かれるような暑い日が続いていたのですが、日の出前の暗い時は半袖のTシャツだけでは肌寒く、上着を着て撮影をしていましたが、太陽が昇るとすぐに気温が上がり少し汗もかくぐらいになりました。

VLOGの神社とかが映っている時間でも時間は6時前で辺りは数名の方とすれ違うぐらいでどなたも丁寧に挨拶をしてくださいます。

 

港も写真を撮っている時に船が動いていたのは確認できましたが、下へ降りた時には動くのは無くのどかな感じでした。

なんかのんびり気持ち良かったです。

 

いつまでも静かに写真が撮れる場所であって欲しいなぁと思います。

日引きの棚田2019年5月



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です